欧州、観戦ボイコット拡大 カタール反発、不信消えず/サッカーW杯

 経営するスポーツバーでW杯を流さないことを決めたペーター・リッターさん(左)=5日、ドイツ西部ケルン(共同)
 経営するスポーツバーでW杯を流さないことを決めたペーター・リッターさん(左)=5日、ドイツ西部ケルン(共同)
サッカーワールドカップ(W杯)開催国カタールが外国人労働者や性的少数者の人権を侵害しているとして、欧州で試合観戦をボイコットする動きが広がっている。欧州の主要都市などがパブリックビューイングを行わないと宣言。カタールは反発し、互いの不信感を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録