戦火拡大リスクあらわ 緊迫11時間、ひとまず沈静/NATO加盟国にミサイル着弾

 16日、インドネシア・バリ島で、G7とNATOの緊急首脳会合に参加したバイデン米大統領(中央)ら(ロイター=共同)
 16日、インドネシア・バリ島で、G7とNATOの緊急首脳会合に参加したバイデン米大統領(中央)ら(ロイター=共同)
ウクライナ国境に近い北大西洋条約機構(NATO)加盟国ポーランドに15日、ミサイルが着弾し2人が死亡した。仮にロシアによる攻撃であれば、NATOとの交戦に突入する恐れがあり情勢は緊迫。ウクライナの迎撃ミサイルとの見方が強まり、着弾から約11.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録