新体育館の規模、機能の方向性固まる 八戸市体育館の建て替え計画 財源確保が重い課題

熊谷雄一市長(左)に新体育館の基本構想案を答申する宮腰直幸会長(右から2人目)=16日、八戸市庁
熊谷雄一市長(左)に新体育館の基本構想案を答申する宮腰直幸会長(右から2人目)=16日、八戸市庁
八戸市の長根公園内にある市体育館の建て替え計画で、有識者委員会が審議していた基本構想案が16日にまとまり、新たな体育館の規模や機能の方向性が固まった。アリーナ部分は現行の約2倍に拡張し、建物内に水泳プールを集約する。一方、財源確保のめどは立.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録