洋野出身の首都圏在住者ら、久々再会 ウクライナ避難家族も招待

記念品を贈られるロハチョーバ・レーナさん(中央左奥)ら家族4人
記念品を贈られるロハチョーバ・レーナさん(中央左奥)ら家族4人
首都圏在住の洋野町出身者が一堂に会する恒例の「ふるさと交流まつり」が12日、東京・上野で開かれた。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となり、久々に顔を合わせた参加者約280人が同郷の絆を深めた。 東京大野つばさ会(福島義雄会長)と在京.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録