八戸港で漁船から油流出 八戸海保、原因など調査

八戸海上保安部によると、12日午後1時20分ごろ、八戸市白銀町の八戸港第3魚市場前の海面に油が浮いていると漁業関係者から118番通報があった。 市場前の岸壁に係留していた喜代村(東京)のイカ一本釣り漁船「第3清丸」(183トン、7人乗り組み.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録