最後の在校生、別れ惜しむ 十和田西高で閉校式

閉校を惜しみながら校歌を斉唱する生徒
閉校を惜しみながら校歌を斉唱する生徒
青森県立十和田西高(山口吉彦校長)の閉校式典が12日、同校で開かれた。最後の在校生となる3年生31人と関係者が、34年の歩みを振り返り、別れを惜しんだ。 1954年度、三本木農業高十和田分校として開校したのが前身。80年度に三本木高十和田分.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録