身内が失態、政権火種に 水差された首相、負の連鎖/死刑制度巡る葉梨法相発言

 岸田政権が抱える閣僚らの問題
 岸田政権が抱える閣僚らの問題
葉梨康弘法相の死刑制度を巡る失言が、逆風下の岸田政権の新たな火種になった。岸田文雄首相が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題や外交で指導力を示そうとした矢先、自民党岸田派に所属する「身内」の失態に水を差され、負の連鎖に入り込んだ形だ。葉梨.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録