ニュートリノ、巨大銀河から 南極国際実験で特定

 南極にある国際共同実験「アイスキューブ」の施設(Martin Wolf、IceCube/NSF提供)
 南極にある国際共同実験「アイスキューブ」の施設(Martin Wolf、IceCube/NSF提供)
太陽系外から地球に届く、極めて高いエネルギーを持った素粒子ニュートリノの発生源の一つが、4700万光年離れた巨大渦巻き銀河「M77」であることが分かったと、国際共同実験「アイスキューブ」のチームが3日付の米科学誌サイエンスに発表した。恒常的.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録