勢いそぎ、台風被害を軽減 実現目指し、国も後押し

 タイフーンショットの当面の研究開発目標(イメージ)
 タイフーンショットの当面の研究開発目標(イメージ)
台風の力を弱め、被害を低減する技術を目指す研究が7月から本格的に始まっている。主導するのは横浜国立大(横浜市)の「台風科学技術研究センター」。現在の技術ではまだ実現は難しいが、国の後押しを受けながら、全国から数多くの専門家も参加し、野心的な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録