【デーリー杯IH】序盤から苦戦、連覇逃す/吉田産業

前年覇者の吉田産業はチーム事情で複数の選手を欠き、序盤から苦戦を強いられて連覇を逃した。終盤は互いの反則で荒れた試合となり、後味の悪さも残った。監督代行の山村正考コーチは「人数は言い訳にならない。気持ちの甘さが出た不本意な試合だった」と厳し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録