【ブレイズ―クレインズ】勝利またもすり抜け 接戦勝ちきれず

接戦を勝ちきれない今季を象徴するような試合だった。ブレイズは最大3点のリードを守り切れず、今季3度目の延長負け。大久保智仁監督は「勝たなければいけない展開だった。ビッグチャンスでもう少し点を取れていたら、違った試合になっていたかもしれない」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録