【とちぎ国体】「気持ちで勝つ」 執念の逆転V/バドミントン少年女子の青森

【バドミントン少年女子団体決勝・青森―千葉】ダブルス戦、青森は清瀬璃子(左)・石川心菜組が勝利=栃木県立県北体育館
【バドミントン少年女子団体決勝・青森―千葉】ダブルス戦、青森は清瀬璃子(左)・石川心菜組が勝利=栃木県立県北体育館
「『気持ちで勝つ』という言葉の意味が初めて分かった」。主将の石川心菜(3年)がかみ締めるように語った。バドミントン少年女子団体で、青森山田高単独チームの青森が2019年大会に続く国体連覇を果たした。前日の準決勝直後に疲労から車いすで治療に直.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録