【高校野球東北大会】工大一、1回戦は逆転サヨナラ

九回表を終わって5点のビハインドだったが、最後まで諦めない執念が、絶望的と思われた勝利をたぐり寄せた。工大一は1回戦で、土壇場の猛攻で6点を奪い、劇的な逆転勝ち。2死満塁からサヨナラ二塁打を放った藤島匠汰は「自分が絶対に決めようと、とにかく.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録