【高校野球東北大会】工大一、痛恨のサヨナラ負け 土壇場で連続失策

【2回戦・工大一―東北】9回東北無死一塁、内野の失策でサヨナラの走者の出塁を許し、マウンドに集まる工大一の選手=11日、山形市きらやかスタジアム
【2回戦・工大一―東北】9回東北無死一塁、内野の失策でサヨナラの走者の出塁を許し、マウンドに集まる工大一の選手=11日、山形市きらやかスタジアム
ミスの代償は大きかった。8強入りが懸かった舞台で、工大一は宮城第1代表を相手に攻守で互角以上の戦いを繰り広げたが、土壇場で連続失策から傷口を広げ、痛恨のサヨナラ負け。中田聖弥主将は「粘投していた先発の齋藤(駿)を勝ち投手にしたかったが…」と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録