ご当地版を開発、三戸高でワークショップ フィリピンのスイーツ「タホ」

三戸町版タホを試作する三戸高の生徒
豆腐に黒蜜をかけたフィリピンのスイーツ「タホ」の三戸町版を開発するワークショップが8日、青森県立三戸高で開かれた。町在住のフィリピン人女性や、大豆食品製造を手がける太子食品工業(同町)が協力。生徒がタホについて学んだほか、さまざまな豆腐をタ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録