【ブレイズ―日光】猛攻止められず反則連発

またしても浮上のきっかけをつかむことができなかった。ブレイズは先制点を奪いながら、相手の猛反撃を抑えられず、痛恨の開幕9連敗。大久保智仁監督は「キルプレー(数的不利)が多すぎて、守る部分にエネルギーを使ってしまった。まずは自分たちのミスを無.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録