【秋季高校野球青森】「背番号1」齋藤、3回から好救援/工大一

【青森商―工大一】7回青森商1死一塁、工大一は齋藤駿(右)が送りバントを狙った相手の投ゴロを好処理し、一走の二進を阻む。左は捕手藤島匠汰=ダイシン
【青森商―工大一】7回青森商1死一塁、工大一は齋藤駿(右)が送りバントを狙った相手の投ゴロを好処理し、一走の二進を阻む。左は捕手藤島匠汰=ダイシン
前日の準決勝で先発して108球を投げた工大一の「背番号1」右腕齋藤駿が、3位決定戦でも1年生左腕金渕光希が招いたピンチを引き継ぐ形で三回途中から登板。6回2/31失点の粘投で味方の中盤以降の逆転劇を呼び込み、「チームを勝たせるエースの仕事が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録