【プロ野球】主軸快打で踏みとどまる 阪神、連敗4で止める

 1回阪神1死二塁、大山が中越えに適時二塁打を放つ=マツダ
 1回阪神1死二塁、大山が中越えに適時二塁打を放つ=マツダ
逆転でのクライマックスシリーズ(CS)進出へ、阪神が崖っぷちで踏みとどまった。打線の軸である近本と大山、佐藤輝がそろって打点を挙げ、連敗を4でストップ。広島と4位で並び、矢野監督は「どの得点も大きかった」とねぎらった。 一回1死一塁で近本が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録