時評(9月24日)

ウクライナの原発危機が続いている。ロシア軍が占拠するザポロジエ原発は一時、砲撃により外部電源を喪失。冷却機能が不能になって炉心溶融を起こす恐れがあった。 ウクライナ原子力企業はロシア軍が南ウクライナ原発をミサイル攻撃したと発表し、「核テロ」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録