ロ、聖職者の捕虜に拷問 寒い独房、全裸で4日間

 捕虜交換で解放された後、初めてウクライナ南部オデッサの教会での職務に戻った聖職者ワシリー・ビロズプさん(中央)=6月(本人提供・共同)
 捕虜交換で解放された後、初めてウクライナ南部オデッサの教会での職務に戻った聖職者ワシリー・ビロズプさん(中央)=6月(本人提供・共同)
水もトイレもない縦4メートル、横2メートル半の寒い独房に全裸で4日間―。ロシア軍に拘束され、捕虜収容所に送られたウクライナ正教会の聖職者ワシリー・ビロズプさん(52)が23日までに共同通信のオンライン取材で、幻覚症状が出る中で殴打され、激し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録