「イートロス」解明へ共同研究 東大大学院と十和田中央病院

共同研究契約書を交わした星和人教授(右から2人目)と丹野弘晃事業管理者(同3人目)=22日、十和田市
共同研究契約書を交わした星和人教授(右から2人目)と丹野弘晃事業管理者(同3人目)=22日、十和田市
東大大学院と十和田市立中央病院が、食べられない状態が続く「イートロス」に関する共同研究を進めている。多くの人が終末期にたどる症状で、約20年後には、現在のほぼ倍となる一千万人がなるとみられるが、実態把握が進んでいないのが現状。両者は、世界的.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録