【JR東・赤字路線公表】「鉄道維持する方法はある」 青い森鉄道社長が見解

JR東日本が利用者の少ない地方路線の収支を公表し、存廃を含めて地域と協議する意向を示していることについて、青い森鉄道の千葉耕悦社長は22日、同社がコロナ禍前に補助制度を活用しながらも2年連続で実質黒字化を果たした点に触れ、「皆で努力すれば、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録