最後の稲刈り、黄金色に声弾む 年度末閉校の洋野・向田小

秋空の下、地域住民と稲刈りを楽しむ児童
秋空の下、地域住民と稲刈りを楽しむ児童
本年度末に閉校する洋野町立向田小(野崎祐司校長)の全校児童23人が15日、同校付近の田んぼで地域住民14人と最後の稲刈り体験を行った。児童は春に緑色の種だったもち米が黄金色に成長した様子に、実りの喜びをかみ締めた。 同校が地元農家の協力を得.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録