ローソン、アバターが接客 最大500店で導入

 ローソンが導入するコンピューターグラフィックスのアバター。右は竹増貞信社長、左はロボット学者の石黒浩氏=22日午後、東京都内
 ローソンが導入するコンピューターグラフィックスのアバター。右は竹増貞信社長、左はロボット学者の石黒浩氏=22日午後、東京都内
ローソンは22日、画面に映るコンピューターグラフィックスのアバター(分身)を遠隔操作で動かして接客するサービスを導入すると発表した。11月末から東京都内の店舗で実証実験し、2023年度には東京と大阪で10店舗に導入する予定。将来は200~5.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録