皮膚がん診断装置、開発研究に助成 黒沢さん(八戸高専)精度向上に意欲 

皮膚がん診断装置の研究開発に取り組む黒沢航二朗さん(右)と、指導に当たる井関祐也准教授
皮膚がん診断装置の研究開発に取り組む黒沢航二朗さん(右)と、指導に当たる井関祐也准教授
八戸高専機械システムデザインコース1年の黒沢航二朗さん(21)が取り組む、皮膚がん診断装置の開発に関する研究が、実践的な技術の研究開発を行う高専専攻科生らを対象とした「長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会」(新潟県長岡市)の研究助成に採択.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録