【南部氏誕生 光行と「鎌倉殿」の時代】(11)光行のきょうだい

大弐局の発願で運慶が制作した重文・大威徳明王像(称名寺光明院所蔵、神奈川県立金沢文庫図録『開館90周年記念特別展東アジア仏教への扉』から転載)
大弐局の発願で運慶が制作した重文・大威徳明王像(称名寺光明院所蔵、神奈川県立金沢文庫図録『開館90周年記念特別展東アジア仏教への扉』から転載)
甲斐源氏一族の加賀美遠光(とおみつ)は甲斐国巨摩(こま)郡加賀美荘(現山梨県南アルプス市加賀美)を拠点に甲府盆地西部―富士川流域へ勢力を広げ、各地に子を配した。三男光行が勢力圏の南端に当たる南部郷(現山梨県南部町)に置かれたのに対し、長男光.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録