【新型コロナ】急がす政府に自治体困惑 接種控え、目標足かせ/新ワクチン開始

 オミクロン株対応ワクチン接種の課題
 オミクロン株対応ワクチン接種の課題
新型コロナウイルスのオミクロン株に対応する新ワクチンの接種が始まる。政府は予定していた10月開始を前倒しし、自治体に準備を急がせる。ただ態勢づくりに必要な情報が不十分で、自治体には困惑が広がった。さらなる改良版ワクチンの導入も検討されており.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録