新滑走路「協議し進める」

 空港隣接海域の埋め立て事業の着工式典でくわ入れをする愛知県の大村秀章知事(右から2人目)ら=17日午前、中部空港
 空港隣接海域の埋め立て事業の着工式典でくわ入れをする愛知県の大村秀章知事(右から2人目)ら=17日午前、中部空港
国土交通省中部地方整備局は17日、中部空港(愛知県常滑市)で、2月に始めた空港隣接海域の埋め立て事業の着工式典を開いた。埋め立ては名古屋港のしゅんせつ土砂の処分が目的で、新型コロナウイルスの影響で式典を約7カ月延期していた。埋め立て地を巡っ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録