全国に自慢のハーブを 六戸・大西さん、弟の事業を継ぎ栽培

感謝の気持ちを胸に、ハーブの栽培を手がける大西勇雄さん=8月上旬、六戸町
感謝の気持ちを胸に、ハーブの栽培を手がける大西勇雄さん=8月上旬、六戸町
料理の香り付けや盛り付けのアクセントとして重宝されるハーブ。「大西ハーブ農園」(六戸町)代表の大西勇雄さん(73)は、特別な思いを抱えて栽培に汗を流す。もともとは、2018年に急逝した弟の正雄さんが手がけていた事業。一時は廃業の危機に直面し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録