コロナ、物価高… 障害者の工賃、維持へ試行錯誤 青森県内就労支援事業所

八戸市の就労継続支援B型事業所でクッキーを作る利用者ら=8日
八戸市の就労継続支援B型事業所でクッキーを作る利用者ら=8日
新型コロナウイルスによる消費の冷え込みや、ロシアのウクライナ侵攻による物価高が、就労を通じて社会的自立を目指す障害者にも影響を及ぼしている。厳しい収益を背景に事業者が障害者に支払う「工賃」は、全国的にコロナ禍前よりも減少傾向。「苦しい生活を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録