【大間原発運転開始延期】「工事入れるのか」 地元に危機感、補償言及も

大間原発の安全対策工事開始時期の2年延期を説明する倉田一秀本部長(前列右から2人目)=9日、大間町役場
大間原発の安全対策工事開始時期の2年延期を説明する倉田一秀本部長(前列右から2人目)=9日、大間町役場
「2030年を逃したら、(運転開始は)もうないんじゃないか」。大間町の大間原発を巡り、建設を進める電源開発(Jパワー)が9日、22年後半としていた安全対策工事の開始時期を2年延期し、さらに運転開始時期を30年に先送りしたことに対し、野﨑尚文.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録