Free人気のチョコQ助、9日販売再開 しんぼり(八戸)、今後は暑さ対策も

販売を再開する「チョコQ助」をPRする田村弘文主任=8日、八戸市
販売を再開する「チョコQ助」をPRする田村弘文主任=8日、八戸市

八戸市の菓子製造販売「しんぼり」(新堀則雄代表)の南部せんべいとチョコレートを組み合わせた「チョコQ助」が9日、販売を再開する。昨春の発売以降、売り切れが続出するヒット商品だが、暑さでチョコが固まりにくいなどを理由に安定供給が難しくなり、7月から生産を休止していた。約2カ月ぶりの販売に担当者は「再開できることに感謝したい。見かけたらぜひ手に取ってもらえれば」とPRしている。

 チョコQ助は新型コロナウイルス禍で土産品の需要が激減する中、地元住民向けの商品として開発。ごまが入ったせんべいの塩加減とチョコの甘さがマッチし、瞬く間に人気商品へ成長した。せんべいは従来よりさくさくに焼き上げたものを割っており、食感も好評を博している。

 当初は手作りで、機械製造に切り替えて専用ラインを新設。だが、今夏は猛暑に襲われ、暑さでチョコが固まりにくいという問題に直面した。

 製造部第二製造課の田村弘文主任は「やっと形になってきた時に予想外の暑さが続いた。安定供給できないとお客さまに迷惑をかけるので一度休止し、8月後半ごろから少しずつ生産を再開できた」と語る。

 今後は増産に向けて生産体制を強化する方針で、夏場の暑さ対策も講じる考えだ。田村主任は「設備はまだ十分ではないが、地元をはじめ、多くの人に味わってもらえるように進めたい」と意欲を示す。

 チョコQ助は1袋95グラム入りで230円(税抜き)。同市の八食センター内にある直営店や、青森県内のスーパーなどで販売する。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録