町内施設、温室効果ガス削減へ 一戸町がクラウド導入

基本合意書を締結した関係者。右から岩山徹頭取、小野寺美登町長、坂本洋一本部長(画面)
基本合意書を締結した関係者。右から岩山徹頭取、小野寺美登町長、坂本洋一本部長(画面)
一戸町は、温室効果ガス排出量を可視化するクラウドサービスを活用するため、サービスを提供する企業「ゼロボード」(東京、渡慶次道隆代表)と、仲介役の岩手銀行(岩山徹頭取)との間で5日、脱炭素社会の実現に向けた基本合意書を締結した。 クラウドサー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録