コロナ療養7日間に短縮 共存へ移行、首相表明

 新型コロナ感染者の療養期間
 新型コロナ感染者の療養期間
岸田文雄首相は6日、新型コロナウイルスに感染し発症した人の自宅などでの療養期間を、現在の原則10日間から7日間に短縮する方針を表明した。無症状の感染者の場合、検査で陰性を確認すれば従来の7日間でなく5日間で解除できるようにする。感染者の発生.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録