社会経済活動の維持重視 感染拡大リスク上昇懸念/コロナ療養期間短縮

 新型コロナ発症後にウイルスが検出される割合
 新型コロナ発症後にウイルスが検出される割合
岸田文雄首相は、新型コロナウイルス感染症の患者の自宅療養期間を原則10日間から7日間に短縮する方針を発表した。感染拡大のリスクは一定程度上がるとみられるが、感染者が早く療養から復帰し、社会経済活動を維持することに重点を置いた。「やむを得ない.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録