孤独抱え、静かに集う 被災地の中高年サロン 飲酒に問題、震災11年半

 中高年男性らが集うサロン活動「おじころ」の様子=6月、宮城県石巻市
 中高年男性らが集うサロン活動「おじころ」の様子=6月、宮城県石巻市
東日本大震災の被災地の宮城県石巻市で、飲酒に問題のある1人暮らしの中高年男性らが集うサロン活動「おじころ」が今年、10年目を迎えた。政府統計では震災後の被災地でアルコール関連相談が急増し、近年も高止まり状態だ。震災から11日で11年半。家族.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録