Free朝のニュースダイジェスト(9月5日)

【村の部、六ケ所が8連覇/青森県民駅伝】
 第30回青森県民駅伝競走大会が4日、青森市の新県総合運動公園で行われた。開催は3年ぶり。村の部は六ケ所が8連覇。町の部は東北が2大会連続で頂点に輝いた。市の部は弘前が制し、初の総合優勝を飾った。

 【防災訓練で意識高める/八戸】
 八戸市総合防災訓練が4日、同市の田向・南類家地区を主会場に行われた。市民や75団体から計約930人が参加。複合災害時の応急対策や避難、人命救助などの手順を確認し、防災意識を高めた。

 【青森県民文化祭開幕】
 第32回青森県民文化祭が4日、三沢市を主会場に開幕した。11月中旬まで、民謡や能楽など15分野を実施し、芸術の秋を盛り上げる。初日は市公会堂でオープニングフェスティバルが開かれた。

 【1336人の感染確認】
 青森県は4日、県内で1336人の新型コロナウイルス感染と7人の死亡を確認したと発表した。ほかに、みなし陽性が38人。五所川原管内でクラスター(感染者集団)が発生した。

 【ブレイズ開幕2連敗】
 アジアリーグアイスホッケーは4日、フラット八戸などで2試合が行われた。東北フリーブレイズは日光アイスバックスと対戦し、延長戦の末、4―5で敗れて、開幕2連敗となった。

お気に入り登録