【ヴァンラーレ-長野】悔しさ力に「勝ち点3」

試合終了のホイッスルと同時に、選手の雄たけびがピッチに響いた。八戸は今季チーム最多の3ゴールをマークし、大敗した前節の鬱憤を晴らす逆転勝ち。ホームでは約2カ月ぶりの白星だ。志垣良監督は「0―5で敗れた悔しさをポジティブなエネルギーに変えられ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録