【夏の甲子園】ピンチ起用、仕事しっかり/光星の冨井

 創志学園戦に3番手で登板した八戸学院光星・冨井=甲子園
 創志学園戦に3番手で登板した八戸学院光星・冨井=甲子園
八回無死一塁で、3番手としてマウンドに送られた八学光星の冨井翼。「(2点の)リードがあるのだから、あまり考え込まないで投げるようにした」。直後に安打を許し、1死二、三塁とピンチが広がったが、後続を空振り三振、中飛に仕留め、その裏の味方の猛攻.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録