【夏の甲子園】粘る3投手、流れ渡さず/光星

【八学光星―創志学園】創志学園戦に先発した八戸学院光星・渡部=甲子園
継投策が甲子園の舞台でも機能した。八学光星は今春の中国大会王者に11安打を浴びながらも、3人の継投で3点に抑え、相手に流れを渡さなかった。5回5安打1失点と好投した先発の左腕渡部和幹は「先制点を許さない気持ちで投げた。最少失点で粘れたから、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録