天鐘(8月5日)

俗に「入道雲」とも「雷雲」とも称される。真夏の空に湧き立ち、むくむくと膨れ上がる巨大な雲。最近はカリフラワー状の雲とも表現されるが、気象学で言う「積乱雲」のこと▼現れて暗くなると冷風が吹き、雷が鳴る。一連の現象はまるで合図。これから一雨来る.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録