【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(4-2)政治家人生の分岐点

決選投票で首相に指名された社会党の村山富市委員長=1994年6月29日、衆院本会議
海部元首相の記者会見が始まった頃、八戸市内にある大島氏の後援会事務所では、後援会幹部が集まり、固唾(かたず)をのんでその動向を見守っていた。事務所には支持者から問い合わせの電話が殺到。確認しようにも大島氏との連絡は途絶えたままで、午後8時の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録