【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(4-1)起死回生狙った擁立劇

首相選出馬の記者会見をする海部俊樹氏=1994年6月29日、国会
1994(平成6)年6月、少数与党である羽田孜首相の退陣が免れない情勢となる中で、与野党間では次期政権を巡って激しい駆け引きが繰り広げられていた。野党の自民党は2カ月前まで連立政権の一角を担った社会党、新党さきがけとの連携工作を進め、社会党.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録