地震・津波被害想定 9月下旬策定へ/岩手県

岩手県防災会議(会長・達増拓也知事)の地震・津波被害想定調査検討部会は2日、日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震など最大級の地震と津波が発生した場合の被害想定をまとめた報告書の最終案を了承した。県は9月下旬に開く防災会議で報告書を策定し、市町村.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録