【八戸三社大祭】後継者育成に危機感 コロナで中止続く騎馬打毬

3年連続で中止となった加賀美流騎馬打毬。例年、多くの見物客が詰め掛ける長者山新羅神社の「桜の馬場」は、がらんとしていた=2日、八戸市
3年連続で中止となった加賀美流騎馬打毬。例年、多くの見物客が詰め掛ける長者山新羅神社の「桜の馬場」は、がらんとしていた=2日、八戸市
八戸三社大祭中日の2日に、八戸市の長者山新羅神社で行われてきた「加賀美流騎馬打毬(だきゅう)」。約200年の伝統を誇る行事だが、新型コロナウイルス禍により2020年以降、中止が続く。山車やお囃子(はやし)は技術の継承に向けて披露の機会が設け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録