冷凍食品、目立つ再値上げ 8月、コスト吸収しきれず 「苦渋の選択」で転嫁も

 8月の主な家庭用食品の値上げ
 8月の主な家庭用食品の値上げ
8月も家庭用食品の値上げが相次ぐ。原材料価格や物流費が高止まりし、冷凍食品などで再値上げの動きが目立つ。一方で、価格を10年以上据え置いてきたメーカーが「苦渋の選択」として転嫁に踏み切るケースも。消費者の買い控えを懸念しつつ、膨らみ続けるコ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録