【岩徳が破産申請】テナントの事業継続焦点 ビル老朽化、売却見通せず

「いわとくパルコ」は老朽化が進む。ビルの売却先が見つかるかが今後の焦点となる=29日、八戸市
「いわとくパルコ」は老朽化が進む。ビルの売却先が見つかるかが今後の焦点となる=29日、八戸市
28日に自己破産の申請が明らかになった、八戸市の不動産賃貸業「岩徳」(同市、岩岡徳衛代表)。運営する同市六日町のテナントビル「いわとくパルコ」の営業は当面、継続されるが、裁判所から破産開始決定を受ければ、選任される破産管財人が売却先を探す。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録