【JR東・赤字路線公表】「自治体と連携、県民の足確保へ」三村知事

JR東日本が乗客数の少ない地方路線の収支を公表したことを受け、青森県の三村申吾知事は28日、「県内の在来線は日常生活や経済活動を支える重要な役割を担っている」とした上で「JR東から情報収集すると共に、国や市町村と連携を図りながら、県民の足を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録