【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(3-2)政権奪還へ徹底攻撃

政府与党首脳会談で話す細川護煕首相(左)と社会党の村山富市委員長(中央)、新生党の羽田孜党首=1994年2月8日
連立政権内の強い反発を受けた細川首相は国民福祉税の構想を撤回。野党の自民はこの機を逃すまいと、細川首相自身が東京佐川急便から1億円を借りていた問題を衆院予算委で徹底的に追及する。亀井静香、野中広務、深谷隆司の3氏が急先鋒となった。 ―政権奪.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録