【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(3-1)選挙制度改革が実現

政治改革法案の修正合意について共同記者会見する細川護煕首相(右)と自民党の河野洋平総裁=1994年1月29日
1993(平成5)年8月に船出した非自民党8党派による連立政権。細川護煕首相=当時(55)=は、自民政権で実現できなかった政治改革を最優先の課題に掲げた。大島理森氏=同(46)=は関連法案を審議する衆院特別委で野党側の理事として、海部俊樹内.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録